幸和建装

瓦棟取り直し|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房一般的なお住まいでは瓦屋根の瓦と瓦の接着に漆喰が用いられています。この漆喰は風雨や寒暖、直射日光に晒され続けているので、時間とともに劣化していき、崩れてしまうことがあります。こうなると、瓦がズレてしまったり、ズレた瓦同士が干渉し合って割れたり・欠けたり、そこから雨水が侵入して雨漏りになったりと様々なトラブルが発生します。また、瓦がしっかりと固定されておらず、不安定なので、ちょっとした風や地震で落下してしまう可能性もあり、大変危険です。幸和建築工房ではこうした瓦の危険を防ぐため、瓦棟取り直し工事を行っております。瓦のことならお気軽にご相談ください。

施工事例

瓦棟取り直し|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房

瓦も定期的な点検が必要です。

瓦棟取り直し|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房 伝統的な日本家屋に用いられている瓦自体はほぼ劣化することはありません。
アクシデントで割れたり・欠けたりしない限り、何十年、何百年と持つのです。その安心感のためか、瓦を固定している漆喰の補修はどうしても忘れがちです。
耐風などの災害はいつ発生するかも分かりませんし、防ぎようがないので、災害時に被害が大きくなることを防ぐためにも、定期的に瓦の点検が必要になります。瓦の点検等のご相談は弊社までお気軽にご相談下さい。

瓦棟取り直し工事の流れ

棟瓦取直し工事は棟瓦(屋根の頂上部分の瓦)を一旦取りはずし、再度漆喰を詰め直して、取りはずした棟瓦を再び設置していきます。瓦がズレたり、漆喰が剥がれてほとんどなくなってしまっていたりと重症な場合に行われます。

❶棟瓦の一時撤去と劣化した漆喰などの撤去

既存の棟を解体し、一旦清掃を行います。

瓦棟取り直し|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
既存の棟部分を解体します。この際、棟瓦は後ほど使うため、別の場所へ移動させます。
泥などのごみが出るため、きれいに清掃を行います。

瓦漆喰補修|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
❷南蛮漆喰で土台作り

南蛮漆喰で土台を作り、棟瓦を戻していきます。

瓦棟取り直し|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
 南蛮漆喰で棟を再成形します。土台が出来たら棟瓦を積み直していきます。
このとき、途中に銅線を仕込んでおきます。

瓦棟取り直し|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
❸丸瓦の設置

棟瓦をどんどん積み直し、仕上げを行っていきます。

瓦棟取り直し|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
 棟の半円状の瓦を「丸瓦(まるかわら)」と呼びます。
こちらを設置していくために、更に泥を使用していきます。

❹棟を銅線で固定

先ほど仕込んだ銅線で棟を固定していきます。

瓦棟取り直し|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
 銅線で固定することで、より丈夫な棟となります。
これで地震や強風時の耐久性が上がります。

❺棟瓦取り直し工事完工

最後に回りを清掃し、棟瓦取り直し工事完了となります。

瓦棟取り直し|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
 完成後は弊社スタッフが点検・確認した後、さらにお客様と一緒に最終点検と確認を致します。この後、お住まい周辺や雨樋内部の清掃をして、保証書をお渡ししたら、全ての工程が終了です。こまめな点検を行えば、漆喰部分は取り直しではなく、詰め直しで済む可能性が高いのです。

瓦の棟取り直しのことならお気軽にご相談ください