幸和建装

瓦漆喰補修|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
一般的なお住まいでは瓦屋根の瓦と瓦の接着に漆喰が用いられています。この漆喰は風雨や寒暖、直射日光に晒され続けているので、時間とともに劣化していき、崩れてしまうことがあります。こうなると、瓦がズレてしまったり、ズレた瓦同士が干渉し合って割れたり・欠けたり、そこから雨水が侵入して雨漏りになったりと様々なトラブルが発生します。また、瓦がしっかりと固定されておらず、不安定なので、ちょっとした風や地震で落下してしまう可能性もあり、大変危険です。幸和建築工房ではこうした瓦の危険を防ぐため、瓦漆喰補修を行っております。瓦のことならお気軽にご相談ください。

施工事例

瓦漆喰補修|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房

瓦も定期的な点検が必要です。

瓦漆喰補修|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房伝統的な日本家屋に用いられている瓦自体はほぼ劣化することはありません。
アクシデントで割れたり・欠けたりしない限り、何十年、何百年と持つのです。その安心感のためか、瓦を固定している漆喰の補修はどうしても忘れがちです。
耐風などの災害はいつ発生するかも分かりませんし、防ぎようがないので、災害時に被害が大きくなることを防ぐためにも、定期的に瓦の点検が必要になります。瓦の点検等のご相談は弊社までお気軽にご相談下さい。

漆喰の補修工事の流れ

漆喰詰め直し工事は文字通り、漆喰を詰め直すものです。漆喰の崩れや剥がれなどの劣化が比較的軽微な場合に行われます。

❶既存の漆喰の撤去・瓦のズレ修正

漆喰詰め直しの準備として既存漆喰を撤去します。瓦にズレがある場合は修正します。

瓦漆喰補修|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
大きな剥がれなどはなく、比較的良い状態です。しかし、表面に細かいひびが見られ、これ以上放置するとそのうち漆喰が剥がれてしまうでしょう。まずは漆喰を詰め直す準備として、既存の漆喰を撤去します。

瓦漆喰補修|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
❷漆喰の詰め直し

既存の漆喰撤去後、新しい漆喰を詰め直していきます。

瓦漆喰補修|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
漆喰を撤去したところに、新しい漆喰を詰めていきます。定期的にメンテナンスをする事で、瓦のゆがみや雨漏りの心配はありません。中々目に付き辛い部分ですので、定期的に点検をしてあげましょう。

瓦漆喰補修|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
❸漆喰詰め直し工事完工

鬼瓦部分もしっかりと漆喰を補修し、工事完了となります。

瓦漆喰補修|取手・守谷・土浦でリフォームなら幸和建築工房
劣化した漆喰を取り除いた部分を含め全て詰め直したら、工事の完了です。完成後は弊社スタッフが点検・確認した後、さらにお客様と一緒に最終点検と確認を致します。この後、お住まい周辺や雨樋内部の清掃をして、保証書をお渡ししたら、全ての工程が終了です。これで雨漏りや強風時の瓦のズレも心配せずに過ごせます。

瓦の漆喰補修のことなら
お気軽にご相談ください