阿見町A様邸屋根外壁塗装工事②

お世話になります。

後もうゴールデンウィークですね。みなさんは行くとこは決めていますか?

自分は、音楽フェスやサッカー観戦行こうとに思っています。

それまで、ラストスパートで頑張って行きたいと思います!!!

さて、今回は前回の続きになります。塗装からです。

塗装完了写真

養生写真

先に屋根と外壁を塗装するので、他の場所に塗料がつかないように養生を致します。

養生に、だいたい一日かかります。

補修状況

外壁にキズや隙間などあった場合、このようなに補修材や変成コーキングで充填致します。ちゃんと塗料が上にのる補修材を使います。

木部ケレン状況

前回の塗膜の剥がれなどが酷い場合、ケレンして下地を整わせます。

それらを行いましたら、塗装に入ります。
下塗り⇒中塗り⇒上塗りと行います。

塗装状況 屋根

塗装状況 壁等

タスペーサー状況

タスペーサーの施工上状況です。タスペーサーって何?っと思う方は多いかと思います。
これは、屋根の縁切り材です。スレートの屋根(薄い板を幾枚にも張っているもの)の場合に使用します。
なぜ縁切りしないといけないの?っと思うでしょうが、必要です。(状況によります)
これをしないと、塗装することによりスレート間に隙間がなくなり塗装したのに雨漏れの原因になる可能性があります。
この部材を入れてあげることによって、隙間を作り結露や雨漏れを防ぎます。

この施工は絶対にしないといけない!!っというわけではありません。十分に現状で隙間があったり、あまりにも劣化が激しくてタスペーサーを入れることにより割ってしまう可能性が高い場合、相談して決めたりします。

リフォームはお客様の家ごとに状況を判断して施工致します。他店と違うことを言う場合もあります。
施工方法は一つでないからです。大変でしょうが、よく施工店などの話を聞き、良き施工店を選んで下さい。
塗装工事は、足場もありますし高額です。失敗しないよう努めて下さい。

見積や相談は随時行っておりますので、気軽にメールや電話を下さい。

では、みなさま良いゴールデンウイークを!!

5月中旬ごろにまた更新致します。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.