阿見町T様邸屋根改修工事

お世話になります。

草花の早く成長が楽しみな時期ですね。

さて、今回は塗装ではないのですが、既存の屋根に新規屋根を張る、カバー工法のご紹介を致します。

施工前

前回の施工から時期がかなりあいてしまい、スレート屋根の状態がかなり悪かった為にこちらの施工をオススメさせて頂きました。

カバー工法 遮熱断熱ガルバニウム鋼板

アスファルトルーフィング 下地防水シート で施工致しました。

ガルバニウム鋼板って何?っと思う方も多いかと思いますが、カバー工法では主流で使われている材料です。大震災のときに知って施工された方も多いと思いますが軽くて耐震性が高く、耐用年数もとても高く、今回使用しているものには断熱材が内部に入っているものを使っているので断熱性能もある。デメリットもありますが(値段が高め、屋根が少し安っぽく?見えるなど)、それを差し置いてもオススメはできます。

施工写真

最初に屋根のてっぺんにある棟板金を外しましたら、防水シートを丁寧に貼ります。端部などには防水テープなど貼ります。

施工写真

防水シートが敷き終わりましたら、遮熱断熱ガルバニウム鋼板を貼ります。棟や端部には板金を加工して取付致します。

このようにして、カバー工法を施工致します。

っと、今回は番外編をご紹介致しました。塗装以外にもこのような工事も当社では行うことができますので、建物のお悩みが何かありましたら是非ご連絡下さい。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.