取手市O様邸 屋根外壁塗装工事①(補修工事等有り)

こんにちは!!!

最近、ジムに通い出しましたが直ぐに腰痛になる白坂です。ベルトを購入したので今後は大丈夫です!
サイドチェスト!!

さてさて、今回は取手市のO様邸のご紹介です。

前回の塗装から、かなり時間をおいた為、コーキングや屋根、外壁にかなりのダメージを負っています。
今回は、それらの補修をしてから塗装を致します。

施工前

遠目からだと、何も異常がないように思えますよね。サイディングのレンガ調の良いメリットだと思います。

しかし、近づいて見てみると色々ありました。

施工前

写真で分かるとおり、コーキングが劣化、硬化してしまい剥がれてしまっています。
こうなると、コーキングで塞いでいた部分から雨や虫の侵入してしまう可能性が高くなります。
さらに、サイディングを留めている木下地材も劣化するのが早くなります。
そのせいか、サイディングが浮いている箇所が多数ありました。これを放置しますと
最悪の場合、剥がれ落ちることもあるので補修しなければなりません。

施工中

当社では、大工さんをかかえておりますので、大工工事があっても大丈夫です。

こうして、壁の浮きなど補修が終わりましたら、コーキング打ちをします。

既存のコーキングを除去し、新しいコーキングを打設します。

今回は、SRシールS70を使用しています。変成シリコンなので塗料も勿論つきますし、
通常のものより、接着性・対候性・弾性が高い為、長く品質を保つことができます。

施工中

このように、全てのシーリングを施工いたしました。ビス留めした部分も塗装がのりやすく、ビス回りのサイディングの剥離がしないように薄くですがシーリング致しました。

今回は、ここまでです。

雨で外に出れない、遊べない日々がもう少し続くと思いますがもう少しの辛抱です。

次回は、屋根からご紹介したいと思います。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.