美浦村M様邸外壁塗装工事①

ご愛読ありがとうございます。

だんだん気温が落ちてきて過ごしやすくなってきましたね。

今回は、美浦村のM様邸での外壁工事をご紹介したいと思います。

塗装前写真

塗装前の状況ですが、前回の塗装からだいぶ年月が経っているようですね。全体的に艶がまったくなくなっていますので、塗膜がほとんど無い状況だと思われます。
壁を手で触りますと、写真のように白い粉のようなものがつきます。ご存じの方も多いと思いますが、チョーキング現象といいまして、外壁塗装の代表的な劣化現象になります。ここまで手につきやすい状況ですと、塗料による防水効果などはほとんどなくなっていますので、外壁の劣化のスピードやダメージは大きいかと思います。
ですので、ベランダの帯板(灰色の板の部分)やサイディングもかなり傷んでいました。
ここまで放置してしまいますと、部分的に張り替えや補修などしなくていけなくなるので、補修費用がかかってきてしまいます。長期的なコストを考えるともう少し早めに塗装のご依頼をして頂いた方がよかったかと思います。

今回は帯板やサイディングの傷んでいる箇所を補修、コーキング打ち替えをさせて頂きました。

お客様のご希望で剥がれて落ちてしまったタイルがあるということで、貼り付けさせて頂きました。
※固定するまで養生テープを張っています。

気になることがありましたら、できる限り対応させて頂きますのでご相談下さい。

次回から塗装のご紹介をしたいと思います。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.