取手市S様外壁屋根塗装工事①

ご愛読ありがとうございます。

だいぶ夜は寝過ごしやすくなってきましたね。

今回から取手市のS様のお宅で外壁屋根塗装工事をさせて頂きます。
その他にも付帯工事を致しますので、順次ご紹介したいと思います。

施工前写真

全体的に色褪せて、屋根には苔が多く生えてしまっていますね。防水性がだいぶ失われてしまっているかと思われます。

施工前

白い粉のようなものが壁を擦ったときにつくと塗り時のサインです。
雨風があまり当たらない箇所と当たる箇所では、同じときに塗っても劣化には差ができます。
劣化が遅い箇所に合わせて塗装時期を先延ばしにしていると、劣化が進んでる箇所の下地がその間に破損していまい交換・補修などでお金がかかってしまう可能性があります。

今回は、ベランダ下の軒天などが傷んでしまっていたので、大工さんを入れて張替を致しました。

施工写真

年数が建っているお宅だと軒天(軒裏ともいう)や鼻隠し(屋根と垂直、屋根の下にある平たい部材)の木部は年数がたつと、木がやせ細りボロボロになってしまうことが多いです。そういった交換や補修、板金を巻くといった施工も当社はできますので、色々ご相談下さい。

今回はここまでとなります。近日更新致しますのでお待ち下さい。読んで頂きありがとうございます。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.