龍ヶ崎市S様邸屋根塗装工事(屋根補修込み)

お世話になります。

最近、どんどん寒くなってきましたね。

コンビニのおでんが自分の癒しです。

さて今回は、台風被害で屋根の棟板金が飛んでしまった、S様邸の案件です。

台風直後に点検したところ、棟板金の下にある笠木が経年劣化により痩せているため、棟板金と笠木を固定している釘やビス

がとても抜けやすい状態になっていました。


今回で被害にあわなかった箇所も次回では外れてしまう可能性があったので、下地の笠木を全交換、屋根の塗装も前回から10年以上

経っていたので塗り替えを提案させて頂きました。棟の直しには足場が必要ですので、こういった

施工前

棟板金と笠木を外します。

写真で見える黒いものをルーフィングといって防水シートです。
これで雨や湿気から屋根下地を守ります。

ルーフィングの切れ目、最上部に防水テープを貼り、既存の笠木を留めていた箇所に穴が開いているのでコーキングを打ちました。ここまですれば台風でも雨の侵入は防げるかと思います。

そうしましたら、笠木部分に人工木材を設置します。

合成樹脂でできているものなので耐候性、耐久性、耐衝撃性に優れています。

最後に板金用ビス(ゴムパッキンがついているもの)で棟板金を固定し完了となります。

今回はここまでです。

次回は、屋根塗装のご紹介を致します。最後まで見て頂きありがとうございます。

This entry was posted in Blog. Bookmark the permalink.